X'masプレゼントは? 知育玩具 木のおもちゃ 変身・なりきりグッズ 開運グッズ 手芸・クラフト スキンケア 教材
マタニティ ベビー用品 キッズ ジュニア ダイエット 健康食品 健康用品 介護用品 医薬品 趣味・コレクターグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2005.12.04(日)

余裕ある育児

雨だったので、今日は久々に地域文化広場に行ってきました。
外は寒いのに室内は走り回る子供たちには暑く下着姿で遊んでいる子達もいました。(^^;)

ちょっと嬉しいことがありました。
スポンジブロックで遊んでいた息子、次から次へブロックを積み上げ、お家を作っていたのですが、他の子達が積み上げたブロックを持っていっちゃうんです。みんな使いたいからしかたないんだけど、息子はどうするかな~と様子を見ていたら、小さい子が持っていくのは黙ってみているんです。でも同年代の子が持っていくと、
「駄目!」
と取り返します。そして、また小さい子が持っていくと黙って見守っている。


あっ、ちゃんと区別つけてるなあ。
あとで車の中で息子が言いました。
「赤ちゃんは分からないからしょうがないの。でも、大きい子は分かるから駄目っていったの。」
うん、うん!ちゃんと見てたよ!(^^)
息子の成長にとっても嬉しくなる出来事でした。

そうそう、今日は一昨年春日井のモール春日井内のプレイコーナーで息子を遊ばせていた時の事をずっと思い出していました。
当時2歳の息子は、ひとつの遊具にこだわると誰にも使わせず独り占めしてしまっていました。小さいから仕方ない、とはいえ、他の子たちも小さいし、みんな使いたいのは一緒。ルールもちゃんと教えていかなくちゃ、と諭してはいたのです。その日も滑り台のてっぺんに陣取り、他の子を通しませんでした。そこへ、息子より少し小さい女の子が来ました。やはり、遊具の取り合いになりました。
「順番だから、ね、次の子に譲ろうね。」
と注意したのですが、息子は動きません。
すると、女の子の母親も
「この子が使いたいからどいてくれる?」
と言ってきました。私ももめたくはないし、順番だからと思い、
「早く譲ってあげて」
と息子に言いました。たいていの父兄はここで、
「ごめんなさいね、他で遊びますから」
とか
「また後で遊ばせてね」
と少しは理解を示してくれるところを、更に
「いつまでも独り占めしちゃ駄目だよ、この子も使いたいんだから」
と攻撃的に言ってきました。マズイ!これではたった2歳の子供に大人がふたりして攻撃している感じになってしまう!と思いました。息子が悪いとはいえ、このシチュエーションはマズイ!

でも、向こうのお母さんの立場もあるし、息子も悪いし、どうしよう・・・と一瞬考え込んで下を向いた瞬間、
「パチン!」
という音が響き、慌ててみるとせいせいしたような母親の顔!
「さっ、いきましょうか♪」
と急にニコニコしてその母娘は去っていきました。

・・・どう考えたって息子たたかれたって思いません?
でも、息子は泣いてないし(泣けばすぐに「あんたやったでしょ!」と責められたのに)、下を向いた瞬間でたたいた現場を見ていないので、責めてもバックレられたでしょうね(怒)。私は唖然として見送るしか出来ませんでした。

後で何回も何回もリプレイしてみたけど、息子はあの母親にたたかれた!
どう考えても!次元の低い話かも知れないけど、私は息子を守れなかったことがすごく悔しかった!2年経った今もムカムカしてくる出来事です。

あの母親の気持ちも分からなくはありません。
息子がよちよち歩きのとき、大きい子にぶつかられたり、おもちゃを取られたりすると、私も親馬鹿ながらムカムカしたもんです。息子は結構大きめの子なので、当時2歳でも3~4歳に見られていましたから、あの母親からも「うちの子より大きいくせに!」という気持ちで見られていたでしょうし、おそらくあの人は育児ストレスが相当あったのでしょうね。気持ちの余裕のない人には子供のすることでも許す気持ちなんて出てこないから。

そう、親の気もちの余裕って育児にすごく左右するよなあ、なんて思い出しながら息子を見守っていました。当時の私も気持ちに余裕なんて無かったもん。水商売して夜1時に息子を迎えにいき、翌日の朝食の支度をしてから(早起きして朝食の支度する自信なかったから)3時過ぎに寝て、朝は普通に起きて慢性寝不足で息子を散歩連れて行って…寝不足でよくカリカリしてました…。

でも、ストレスだらけの母親に
「余裕をもって」
とだけ言っても、それって砂漠で死にそうな人に
「水を飲むと元気になるよ」
とだけ言って自分の飲み水はあげようともせず、立ち去ってしまう金持ちみたいなもんです。アドバイスしたと満足してるだけで実際助けには全くなっていない。渦中にいると当人には出口が見つからない。前述のけんちゃんの母親然り、その他の虐待をしてしまう親然り。

そのストレス地獄から抜け出せるかどうかは本人次第だし、助けの手を差し伸べても気づかぬ人、手を振り払う人、様々いるでしょうが。結局は本人次第で、どんな過酷な状況にいようがちゃんと子育てしてる人はたくさんいる。

…そうは言っても、犠牲になるのは罪のない子供なんですよね。
親がどんな境遇にあろうが子供には関係ない。どの子も幸せに育てられる権利がある。それを守るためにはやはり、親の保護も必要だと思う。

行政のひとり親支援制度の数々も本当にありがたいし、最近続いている幼児殺害事件により地域が子供を見守る体制作りがあちこちで進められているのも、ますます盛んになって欲しい。それと、民生委員を増やして欲しいし、子供のために税金使われるのは当然だと思う。

…そんなことを考えながら息子を見つめていた一日でした。
スポンサーサイト
スレッドテーマ:子育てのつぶやき ジャンル:育児
│posted at 22:51:25│ コメント 2件トラックバック 0件
≫コメント 
まどちゃん
遅ればせながら、この記事読んで
すっご~く、うんうんと同感してしまった。
ちなみに私も、近場のH市やS市で、
かなりムッときた話持ってます!

子供同士のことには、
親は口出し(手出しはもってのほか)しない方がいいかな~と考えるけど、
例えば、自分の子がお友達に手をあげたりしたら、
親だったら叱るんじゃないかと思うんだよね・・・
どんなに小さくても。
(っていうか、独りで遊具で遊べる年頃なら、赤ちゃんとは言えないっていうのに)
ウチの娘は、引っぱたかれました。
たぶん、「どけ!」っていう意味だったらしいけど、
その母親は、一応一言私と娘に謝ったけど、
その息子を叱らなかったんだよね・・・
私としては、息子に謝らせるべきだと思うよ。
結局すぐに、私と娘は立ち去ることにしました。
何してくるか分からないし、私もモメたくなかったし。

って・・・他人のフリ見て我がフリ直せの良いお手本となってくれたと思ってます。
色んな母親がいるもんね~
michiho│URL│posted at 2005-12-13(Tue)15:37│編集
本当に!事なかれ主義でとりあえず相手に謝っても、子どもが自分が悪いことをしたって分からないとまた同じことやる事になるし。初めての子どもで、しかも周りに子育てしてる先輩(=データ)がないと、母親も対応の仕方が分からずパニックになって、とりあえず謝るしかできないんだろうな。母親教室って妊婦さんオンリーだけど、産後の母親教室もあるといいかも。幼児と新米ママの交流の場を設けてる自治体も多いけど、それプラス公園マナーのレクチャーとかあるといいな。(って私は一度も行ったことが無いけど・・・。)
まど│URL│posted at 2005-12-13(Tue)16:06│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

まど@ゆくり

  • Author:まど@ゆくり
  • ★トラ猫好きなシングルママ暦10年。
    ★B型。
    ★出張整体の仕事の合間に
    ちょこちょこ書いていきま~す。

    ★ジャンル:母子家庭、シングルマザー、ひとり親、内職、健康、育児


    ★リンクフリーです^^
    コメントしてくださると嬉しいです♪

    ★ランキングに参加しています。
    応援クリックしてくださると嬉しいです♪
    m(__)m
    ↓  ↓  ↓  

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    FC2ランキングバナー



    ★★★★★★★★★★★★★★★★★

    【まどの他のブログ】
    ●西三河で出張専門の整体師やってます
    ↓  ↓  ↓  ↓
    西三河の女性専用出張整体
    悠厨~ゆくり~


    ●趣味で猫マッサージのブログ書いてます。
    ↓  ↓  ↓  ↓
    猫だって癒されたい!
    ~猫のマッサージ屋さん


    ●うちのペットたち
    ↓  ↓  ↓  ↓
    リカとヤックン

    ●海岸で拾ったシーグラスや山で採取してきた天然石でアクセサリーを作り始めました☆
    アトリエ 悠厨 *ゆくり*

    ●最近サボり気味ですが畑もやってます^^
    小作の畑日記
    ★★★★★★★★★★★★★★★★★

    同盟バナー緑枠動画

 
全記事(数)表示

全タイトルを表示

 
ブロとも申請フォーム
20051215113907.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。